アメリカの製薬会社「モデルナ」は開発中の新型コロナウイルスのワクチンを緊急で使用するための許可をアメリカの規制当局に申請したと発表しました。日本政府はモデルナと2500万人分のワクチンの供給を受ける契約を結んでいます。

アメリカの製薬会社「モデルナ」は30日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンの有効性を分析した結果を明らかにするとともに、FDA=食品医薬品局にワクチンを緊急で使用するための許可を申請したと発表しました。
それによりますと開発の最終段階となる第3段階の臨床試験では、3万人以上の対象者のなかで新型ウイルスの感染症が196例確認されましたが、このうち185例は「プラセボ」と呼ばれる偽薬の接種を受けた人たちで、実際にワクチンの接種を受けた人では11例だったということです。

また重症化したケースも30例ありましたが、すべてプラセボのグループだったということで、モデルナは94.1%の有効性が確認されたとしたうえで、安全性について健康への重大な影響は認められていないとしています。

アメリカでワクチンの緊急の使用許可を申請したのは製薬大手ファイザーに続き2例目で、モデルナは今後、EU=ヨーロッパ連合の規制当局にも条件付きで製造・販売するための許可を申請するとしています。

日本政府はモデルナがワクチンの開発に成功した場合、来年秋までに2500万人分のワクチンの供給を受ける契約を結んでいて、このうち2000万人分は来年1月から6月までに供給されることになっています。(引用:NHKニュース)

うまくいけば一気にコロナ問題が解決しますね。成功を祈っています。